FX業者の数が増える訳 



レバレッジの規制と海外FX業者

sd98f7国内業者ではレバレッジの規制が働いて25倍までの取引しか出来なくなりました、レバレッジが規制によって低くなるという事で小額資金で大きな 取引が出来なくなったという事です、これによって以前のように証拠金を何百倍にもして取引出来なくなったので、大儲けが難しくなった半面、大きな損失を出すリスクも軽減されました。

ただしFXを行う方はリスクが高いけど利益も大きいという部分に魅力を感じていた方も多いですから、国内個人投資家がFXを行う時の熱が下がったのは間違いないです。しかし、外資FX企業業者に口座開設を行う事で個人投資家でも何百倍もの取引が可能になっています。

海外業者の口座開設を行う時は、日本語サポートや日本人スタッフによるサポートを行っている所もありますし、海外FXを行う時の標準ツールでもあるMT4の無料マニュアル等も公開されていたり、他にもサービスが日本では考えられないようなサービス展開がされている所もあります。

レバレッジ規制が緩いという最大ポイントの他にも、国内業者では取り扱っていない通貨ペアがあったり、面白いサービスを行っている所もあり、換金不可能なポイントをくれる業者があり、この換金不可能なポイントは、自身が投入した証拠金の何%かをアップしてくれるというものです。

例えば100万円入金すると、追加ポイントとして100万円プレゼントしてくれます、そうなると200万円になりますが、この追加ポイント分は証拠金の取引用としてのみ使えるもので換金は出来ないものです、証拠金のサポートを行ってくれるというサービスでXM.COMのような業者を検索してみるとこういったサービスを確認する事が出来ます。

日本の業者だけ使っているとピンと来ないようなサービスで、金融商品最先端の海外業者だからこそのサービスです、他にも追従無しというサービスもありますから、思い切った取引が可能です。

雇用統計や政治的な事で市場が一方的な大きな動きを取る時があります、そういう場合は予想を超えた動きを取り、大きなレバレッジをかけている場合は証拠金以上に損失を被ってマイナスになってしまう事がありますが、追従無しサービスは負けても証拠金がゼロになるだけで、ゼロ以下にならないというサービスですから非常に利点が大きいサービスです。

こういったサービスを受ける事が出来るのが海外業者の魅力で、国内業者には無いものです。

インターネット取引

FXがこれほど一般の人に浸透したのは、インターネット取引が可能になったおかげだと思います。

インターネット取引のおかげでコストも削減でき、24時間好きな時にいつでもトレードできるようになりました。

24時間取引可能ということは、どのような職業の人であっても、時間帯を気にせずにトレードできることになります。

会社員であっても、通勤中にスマホなどでトレードすることもできますし、帰ってきてからゆっくりトレードすることも可能です。

誰もが参加できる市場というのは公平性がありますし、今後もFX取引はますます活性化していくと思います。